スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| ▲ PAGE TOP |

間違った情報の数々

1 「デイトレに勝つためにはたくさんの情報が必要だ」

たくさんの人がそう考えていると思いますが、必要な情報だけあればOKです 情報は少ない方が 勝てます。限られた時間内で たくさんの情報を元に クリックを繰り返すのは 不可能です。

2 「下げれば上げる 必ず反発がある」

これは もっとも危険な考え方です。今下げている下げが 実は 大きな下落の スタート付近ならどうなりますか。必ず こういう 状況に近々体験します。それでは 思惑と違ったんだから損切りするしかないが 成り行きの売りを出して処分出来ればいいが ヘタをすると たちまち ストップ安に 張り付いたりします。
最悪を免れたとしても 大きな損切りになると思います。これを 防ぐには こういう銘柄には 近寄らないことです。上昇トレンド又はその様に思われる銘柄の押目狙いは いいやり方です。

3 「出来高が重要」

これも間違った考え方です。出来高がこうなったら 買い こうなったら 売りという 確率の高いルールは有りません。ある金額に大きな出来高が有ったので その金額より上は買いで下は売りというルールとて 確率は高く有りません。株は 今有る売り板情報とは比べ物にならない位の 巨大な 株を持っている人が控えています。


4 「オシレーター系を見て売買する」

これこそが 間違った考え方です デイトレで勝つためには オシレーター系は一切見ない事です。確率の高いルールは有りません。なぜなら それらの数値は 株価がまあまあ動いて初めて数値が出ます 解かった時には乗り遅れているか 逆に行っている事が多いです。つまり 後から解かる情報です。デイトレで勝つためには、後から解かる情報は、必要無いのです。信用できる情報はリアルタイムの株価で その株価の変化に 真正面に常に向き合うしか 光は見えてきません。


5 「ブレイクアウトで入る」(たとえばある高値を ブレイクした時に買う)


これは 間違ってはいませんが 後から見ると そういうケースは良く有ります。それでは 安全に成功する確率は高いかというと そうでは有りません。新規に入る者にとっては 下げないで そのまま 上昇してもらいたいわけだが そう簡単では 有りません。深く掘り下げた考えと 作戦を用意しないと 簡単には 買ってはだめです。


6 「エリオット波動」


何の役にもたちません。無視して下さい。


7 「チャートの形」

これも もっともらしく この形が出たら 売りだ買いだとの情報がありますが すべて 成功例のチャートをピックアップしての 説明ですが ほとんど 失敗する方が多いです。しかも 確率を上げるために こうなったら 入らないとか あーなったら 入らないとか 例外規定の方が多くなります。デイトレで勝つためには 例外規定の有るルールは使えません。


8 「会社の業績」

何の役にも立ちません、一番重要なのは 近い将来 倒産するのかどうか だけです。


  
| trackback:0 | commnet:0 | ▲ PAGE TOP |

コメント:

コメント:する


非公開コメント

このエントリーのトラックバック URL

これがこのエントリーのトラックバック URLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック:

| ホーム |

プロフィール

SMARMA

Author:SMARMA
株のデイトレを始めたのは 今から10年前からで その後は スイング中心になり FXも商品先物もやってみました。結論はデイトレは商品先物でスイングは株がいいとの結論になりました。世の中には とにかくもっともらしい情報が多すぎますその間違った情報をお教えします。トレードに勝つための肝心な事は誰も教えてはくれません。私も苦労しました。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
株 (24)
デイトレ全般 (8)
テクニカル (21)
FX (1)
商品先物 (0)
株価指数先物 (0)
スイング (1)
売買ルール (3)
チャート (3)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。